PRICELESSな会員メリット

1.組織が大きい

会員数は1000名超(数千の稲門会の中でも最大級) 会員は金融関係にとどまらず、交流の機会も広がります。

2.イベントが多い

年間のイベント数は主催・共催を合わせると50を超えます。 鎌田総長も「最も活発な稲門会」として名前を挙げていらっしゃいます。
※年間イベント回数(2015年例)
 ◎無料イベント41回(会員限定24回、オープンイベント17回)
 ◎有料イベント14回(会員限定9回、オープンイベント4回)
 ◎会員は優待価格(イベント参加費用1000-26000円)

3.日本の経済界のトップ、運営委員

50名の運営委員は、いずれも日本の経済界を支えるトップの方々。年齢も業種も越えて交流できるのは稲門会だからこそです。
「稲門会組織」

4.他稲門会とのコラボレーション

地域、職域、学部学科、様々な稲門会と交流があります。

5.他大学とのコラボレーション

慶應義塾大学、上智大学、東京工業大学、東京大学、一橋大学との六大学合同交流会はもはや伝説です。規模、交流する大学の数、共に他の稲門会を圧倒しています。
「第4回慶應大学・上智大学・東京大学・東京工業大学・一橋大学・早稲田大学卒業生合同交流会 Facebookページ」

「第5回慶應大学・上智大学・東京大学・東京工業大学・一橋大学・早稲田大学卒業生合同交流会 Facebookページ」

6.ビジネスマッチングを生み出す会員同志の交流

詳しくは『ネットワーク万歳』と『稲門ネットワークのバリュー』ページをご覧ください。
「ネットワーク万歳」
「稲門ネットワークのバリュー」